Kiichi & Kyuそして、プロデュースとリマスターを担当したmr.roYによる『VLIDGE BEST GROOVER』全曲解説

■■■VLIDGE BEST GROOVER Self Liner Notes■■■



2015年6月24日、Vlidgeデビュー15周年を飾るBEST ALBUM、
アッパー系の「GROOVER」バラード系の「BALLADEER」を2枚同時リリース。
本作「GROOVER」では新曲1曲、Remix2曲、他全リマスタリング音源の全13曲を収録。

品番:QFCV-10008 定価:¥2,500(税込)
発売元:VR LABEL/G-NOTE
販売元:(株)テイチクエンタテインメント


■Dynamo

Kiichi:“ ダイナモ ”って。笑 ほんとこの曲はタイトルからしてテンション上がる。
使いそうで使わない言葉だけど、意味はなんとなくでも分かる。
この感覚は他のアーティストが持ってないところなんじゃないかな…なんて、自分達で思うところ。
ダンサーの顔ぶれも、今考えると凄いな。。

Kyu:エッジの効いたサウンドと楽曲の構成が狙い通りにはまった作品になりました。
ライブではVlidgeのダブルソロのルーティンも必見です!

mr.roY:前回収録したKICK☆STARの音源をリマスタリングしました。前回は巨匠、原田光晴氏のマスタリングで、
アナログ的な泥臭さを加えたフィニッシュでしたが、今回は逆にエッジを効かせたデジタルな方向で仕上げています。

■one sense

Kiichi:「 Everybody needs love 」と並んで、場所問わず盛り上がる曲。
タイトルもメッセージも、間違いない。他のアーティストの曲だったら完敗だと思って嫉妬してたかも。

Kyu:この曲はタイトルから出来ました。
実はシックスセンスという映画がヒントになりオマージュさせて頂きました。
ラッパーのLotus Juiceも参加してもらって最高にクールな仕上がりになりました。

mr.roY:2003年限定販売のシングルに収録されていたバージョンをリマスタリング。
12年の歳月が流れ、マスタリングのテクノロジーが大きく進歩したので、かなり音質は向上しています。その辺も聴きどころ。

■Magneteic DJ Jr. & mr roY Remix

Kiichi:これぞ大人の、新しいVlidgeの曲だって自信持って言える。
歌のリズム取りにはだいぶこだわりました。新しいバージョンではなんと、プライベートでも交流を続けてるDJ、
自分の音楽にも大きな影響を与えてくれたDJ Jr. がプレイしてくれてる。
気分も最高だけど、Jr.のプレイがまた最高だね。。

Kyu:久々のRB色の強い楽曲。ヴォーカルは緩急や強弱や表現に拘りを持ちました。
ライブでもとても遊びながら歌えます。

mr.roY:ピアノと打ち込みだったトラックをリズムパートを初期VlidgeのDJを担当していた、
DJ Jr.と再構築したナンバー。ファースト、セカンドアルバムに収録されている、mr.roY,mr.roY2的な遊び感覚溢れた仕上がり。
ピアノは一部データを変更、Vlidge初期にステージで遊んでいた某有名楽曲【風】なフレーズ(笑)で遊んでみた。
オリジナルよりも更にDEEPなSlow R&Bの濃さをお楽しみ下さい。

■Summer Song 2015

Kiichi:この曲がなかったら、Vlidgeとしても個人的にも、ここまでやって来れたかな…と思える。
みんなと歌って楽しんで、いつでもバカになれるね。。笑 それがなきゃ、Vlidgeじゃない。

Kyu:左から右から前から後ろから,夏場はちょっとエロいモードになりますね(笑) 
全員参加型の楽しい楽曲です。

mr.roY:Summer SongはLIVEを含めて、色々なバージョンがあるけど、今回は有りそうで無かったバージョンを
新たにREMIXとして制作してみました。ドライブのBGMとして流して貰ったらピッタリな感じに、ちょっとCOOLな音に仕上げました。



■Freedom〜unchain〜

Kiichi:この曲がかかれば、無条件に「 ヨーイドン! 」です。笑
暴れ過ぎると歌い終わった時燃え尽きるから、たいてい次の曲に入るまでのMCが長くなる。苦
何歳までいけるかわからないけど、体力が持つ限り、歌い続けてやる。( ̄▽ ̄)

Kyu:ゴッツイキックのリズムトラックにキラキラポップな疾走感がたまらない。

mr.roY:こういう曲を編曲する時に、昔々の歌謡曲みたいなテイストを生かしながら、今時な音にするのは
結構面白い作業です。俗に言うオオサビが特にそんな感じですね。この曲は次のJUMP!との繋がりを考えてリマスタリングで音をリファインしています。

■JUMP!

Kiichi:ほんとのこと言うとこの曲、「 Hey! Say! JUMP 」が歌ったら面白いかもと思って作ってたんだけど、
途中で気がついたらイメージの中で一緒に歌ってくれてるのはファンのみんなだった。
だからVlidgeとして自分達が歌ってるイメージしか持てなくなって方向転換したんだ。
会場のみんなが一緒に歌ってくれないと「JUMP!」は成り立たない。

Kyu:ファンミで録音した皆さんの声も入ってて、ライブでも大盛り上がりです。

mr.roY:世の中の楽曲は表に裏に、日向に陰に、様々な形でシンセサイザーが活躍しているんですが、
この曲はそんな数あるシンセサイザーの中でもアナログシンセサイザー感を存分に出してみました。フレーズは全く違いますが、
VAN HALENの大ヒット曲「JUMP」も似た音のシンセサイザーのフレーズが有名ですね。この曲はオリジナルよりも強めの音にリマスターしてあります。

■Yes or Yes?

Kiichi:今二人共バイクに乗らないのに、バイクに乗ってる側の歌詞はおかしい。
二輪の免許は、昔原付きの免許しか持ってなかったのに。何故なんだ…。笑

Kyu:Vlidge二人の共作。二人共バイクに乗らないのに、
バイクからの歌詞のドキドキ感はおもしろいです。

mr.roY:そんな二人ですが、私はバリバリにバイクに乗ります(笑)イントロのバイクの音は実は私の元愛車で、
GSX-1100S、所謂【刀】というバイクで、それにUSヨシムラのマフラーがこれまた良い音なんですよ。ドイツ人デザイナーのハンスムートがデザインを手がけて、
大排気量のエンジンに、重量のあるクランクシャフトならではの・・・(以下略・笑)
マスタリングは、オリジナルよりもほんの少しだけ音がすっきり聴こえるように工夫して処理してあります。

■Your Dog

Kiichi:自分がVlidgeで作る曲の中では、いわゆるR&Bアプローチの代表的な曲かも。
フェイクで勝負せずに、特に符割りの置き方でグルーヴを作る典型的なやり方で作ってる。
ライブの時には思わずふざけたくなる歌詞の内容だけど、ガマンガマン。笑

Kyu:RBテイストがたくさん入ってる楽曲
歌詞もSとMなどおもしろく盛り込まれてますね(笑)

mr.roY:そんな二人ですが、私は犬を二匹も飼ってるんですよ(^^)BONDくんとLARAちゃんっていうビーグルの親子なんですが、
これがもう可愛くて仕方がない!毎日一緒にいても目の中に入れても痛くない程ですね。BONDくんは元々ペットショップで見つけた時は・・・(以下略・笑)
え〜、済みません(笑)この曲はオリジナルのMIX DOWN音源は使っているのですが、マスタリングで大きく方向性を変えて、
Vocalよりも、色んな楽器が立つ音へ変更して、よりダンサブルな感じに仕上げています。



■YOUR BODY feat. Lotus Juice & 宏実

Kiichi:今になってはジャパニーズR&Bの女性シンガーでは代表格とも言える宏実ちゃん。
昔よく一緒にライブしたり遊んだりしてたんだけど、そういう繋がりから作品が出来上がったこの曲。
その声はやっぱり今聴いてもセクシーさと力強さとが相まって存在感抜群だね。また一緒にライブしたいもんだ。。

Kyu:ライブでは女性ダンサーとかなり密着して踊ってますね(笑)
見てる方もドキドキしてもらいたくなる楽曲です。

mr.roY:Vlidgeの編曲をする場合に、かなりメンバーのデモの原形を残す場合と、完全に変えてしまう場合があるけど、この曲はその中間。
私が拘ったのはBassの音。ミョンミョンと一音の中で音色が変化するBass音がとてもR&BらしいGrooveを生んでいると思う。
この曲はオリジナルよりもローエンドを強調して、LotusのRapとBassの音の面白さを強調してリマスタリングしています。

■STAND! UUUP!

Kiichi:この曲を作ってた頃、ソロの流れでCEE MONKEY ていうレゲエユニットやってたんだけど、そのノリがバンバンに出てる。笑
リミックスも含め、ライブでは必須ソング。作ってる時は、みんながドライブで流して、乗ってるみんなで声上げてるとこイメージしてたんだけど、そんなことやってないよね?
試す場合、運転気をつけてね。笑

Kyu:ライブでもお馴染みの掛け声から始まる楽曲。みんなで跳び跳ねましょう。
見てる方もドキドキしてもらいたくなる楽曲です。

mr.roY:シンプルに聴こえて、実は色んな音やガヤが沢山入っている曲なので、
盛り上がって聴くのも勿論楽しいけど、じっくり色々な音を探すと新たな発見があるかも知れません。
リマスタリングは、曲の持つスクエアなGroove感を強調して、オリジナルよりシャッキリと仕上げてあります。

■冒険ロード

Kiichi:Vlidgeの曲を語る時に、この言葉を言うのは何回なんだって話だけど、50歳になっても、60歳になっても、
また、70歳になっても歌えていたら、嬉しいな…。冒険野郎でいたいもんだな。。

Kyu:冒頭の「教室の片隅に置き去りのピアノのように」というフレーズが常に頭にあって
同時にメロディも浮かんでました。いろんな人の応援歌になればいいなと思います。

mr.roY:オリジナルよりもアルバムの流れから、ややピアノのフレーズのローエンドが出るように、リマスタリングしました。
色々な世界観やテンポ感が混在している曲で、どちらに入れても良かったのですが、今回は敢えてバラード系のアルバムではなく、
Vlidgeの幅広さが出るように、こちらのGROOVERに収録しました。

■風の塔

Kiichi:Vlidgeではあまり歌ったことがないノリの曲なのに、間違いなく胸の中にある世界観だって、レコーディングしながら思ってた。
TOTOみたいなサウンドを感じる部分もあり、日本の歌謡なメロディを感じる部分もあり。
平間さんじゃないと作れないし、Vlidgeじゃないと歌えない曲だと思う。

Kyu:初めて聞いた時、ドラマの「白い巨塔」の重たいストーリーや、中島みゆきさん的な世界観が頭に浮かびました。
今までのvlidgeにはない感じで新鮮ですね。

mr.roY:私は「がんばれ」とか「元気出して」とか、直接的な言葉を使う、所謂【応援歌】があまり好きではない。
エンタテインメントは、もっと抽象的で良いと思っているし、音楽が人様の為になるとしても、必ずしも直接的な言葉である必要は無いと思っている。
しかし歳を重ねると、大切な人や家族や仲間が、色々な困難に直面しているシーンも増えて来る。
そんな時に、明日は晴れるかも知れない、飛行機だって向かい風に向かった方が飛び立ち易いんだ、そういう気持ちを伝えたくて書いた曲。
Vlidgeでは初挑戦する感じの曲なので、試行錯誤な部分もあったが、歳を重ねてこそ歌えるようなVlidgeの新境地として一歩前へ進めたと思う。
E.BassとE.Guitarは同じレーベルの多火油機団の拓とShingoが担当。

■MUSIC

Kiichi:ベストヒットUSA を中心に、ノンジャンルでたくさんの音楽を聴いて育った感覚と、Hip Hop を聴いて育ったノリと、
VlidgeとしてKyuくんと歌って来たハーモニーと。全部を合わせたら、こうなりました。笑
歌詞に表現されてる内容は、個人的に僕そのものかもしれません。お許しください。f( ̄▽ ̄)

Kyu:この曲はサビをハモるのが好きなのと、Aメロとかいろんな表現しながら歌えるので歌ってて楽しいです。

mr.roY:この曲はとても不思議な曲で、何に対して二人が熱くなっているのか、イマイチ分からないけど、気付けば
「好きだ〜!!!」と叫んでいるような(笑)そんなエネルギーに溢れた曲です。
今回の収録に当たっては、あまり音量を稼ぐことを意識してリマスタリングをしていないので、
オリジナルよりもやや自然な空間構成に感じられるかも知れません。